スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[メモ] カントの『倫理学講義』

『性的傾向性は、人間が人間としての他人に向かってもつ傾向性ではなく性へと向かう傾向性であるから、この傾向性は人間性を低劣にする原理であり、他人よりも性を優先させて傾向性を満足させることによって人間性を汚す源泉である。ひとが女性に対してもつ傾向性は、ひとりの人間としての女性に対するものではない。むしろ、ある男性にとって女性における人間性はどうでもよく、ただ性だけが彼の傾向性の対象なのである。

それゆえ、この場合、人間性は後ろに押しやられる。ここからは、どんな男性もどんな女性も、人間性にではなくその性に魅力を与えようと、そしてすべての行為と欲望をただ性にだけ向けようと骨折っているということが帰結する。そのとおりである場合、ひとは人間性を性のために犠牲にすることになるだろう。したがって、もしある男性が自分の傾向性を満足させようと思い、他方またある女性も自分の傾向性を満足させようと思っているのであれば、どちらも他方の傾向性を自分に向けて刺激し、そして両者の傾向性が互いに入り交じって、まったく人間性に向かうことなく性に向かい、一方が他方の人間性を汚すことになる。これによれば、人間性は欲望や傾向性を満足させるための道具であることになるが、それによって人間性は汚されて動物性と同等に評価される。それゆえ、性的傾向性は人間性を、それが動物性と同等になるという危機に陥らせる。』

(カント, 2002, 「身体に対する義務について――性的傾向性に関して」。原典を参照した上で、筆者の判断で一部訳を変更している。)

カントにとっては、性的欲望やセックスは本質的に道徳的に問題を含んだものである。すなわち、(1)他者の使用は常に不正であり、(2)すべての性的交渉は他者の使用を含む。したがって、(3)すべての性的交渉は不正である。

http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/bulletin/9/eguchi.pdf

スポンサーサイト

コメント

Secret

実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。