スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[メモ] アメリカ連邦最高裁のCPPA違憲判決(3)

最後に、政府はコンピュータイメージによって生産したイメージは、実在の子供を使ったポルノの制作者を訴追するのをとても難しくする可能性があると言っている。専門家は、絵が実在の子供を使って作られたか、コンピュータイメージを使って作られたかどうかを言うことは難しい、と我々に伝えている。その議論では、必要な解決方法は両方の種類のイメージを禁止することだとしている。その議論は、事実上、保護された言論が保護されていない言論を禁止するために禁止されてよい、としている。この分析は、修正第一条をめちゃくちゃにしてしまう。

政府は、不法な言論を抑圧する手段として合法な言論を抑圧してはならない。保護されている言論は、ただ保護されていない言論に似ていると言うだけで保護されていない言論にはならない。憲法はその逆を要求している。“保護されていない言論が罰せられずに許されることで社会に起こりうる危険よりも、他の保護された言論が沈黙する可能性のほうが、より重要である。” Broadrick v. Oklahoma,413 U.S.,at 612. 過度の広汎性の原則は、もし保護されていない言論の禁止の過程で相当な量の保護された言論が禁止されたり脅かされたりするのならば、政府に保護されていない言論を禁止することを禁止している。

http://homepage2.nifty.com/dreirot/column/porno.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。