スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非実在青少年とは? 2010年03月19日



 「非実在青少年」って何だろう? 哲学書にでも載っていそうだが、東京都が議会に提出した青少年健全育成条例改正案で初めて持ち出された概念だ。要するに漫画やアニメ、小説などで、18歳未満とみられる登場人物を指すという。

 青少年の健全育成や児童ポルノ撲滅の観点から、「非実在青少年」の性描写を規制対象にするというのが条例改正案の一つの柱。だが、漫画家や出版界からは、この条例では自由な創作活動まで制限されかねない、と強い反対の声が上がった。あまりの反響の大きさに、都議会最大会派の民主党も採決を見送り、継続審議の方針を固めた。

 子どもたちのために、と考える関係者の問題意識と熱意はよく理解できる。ただし、その対策が創作活動や表現の自由に著しくかかわるなら、異論が生じるのも現行憲法下の日本における健全な反応だ。

 健全育成の目的に反対する人はいない。問題はその手段と効果である。「非実在青少年」を誰かが監視し、これOK、これダメ、と判定するだけで、青少年の非行が劇的に減るだろうか。「非実在」の監視に膨大な手間と時間をかけるより、その分で「実在」の青少年と向き合った方がいいと思うのだが。

 法令で耳慣れない概念が持ち出される時は、その理由を考えてみる必要があろう。自衛隊をイラクに派遣したイラク特措法では「非戦闘地域」が問題になった。これも憲法上、自衛隊がいる場所は「非戦闘地域」でなければならなかったためだ。

 今回の条例改正案の目的が規制そのものにあるとは思わないが、表現の自由を軽視していたことは否定できまい。(宮下)

射程 │ くまにちコム
http://kumanichi.com/syatei/201003/20100319001.shtml
スポンサーサイト

コメント

Secret

実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。