スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知新聞:高知のニュース:社説:【都の性描写規制】表現の自由を脅かすな

東京都が漫画やアニメの性描写を規制する青少年健全育成条例の改正案を都議会に提出し、総務委員会で賛成多数で可決された。15日の本会議でも可決、成立する見通しだ。

 都の条例とはいえ、大手の出版社は東京に集中している。「東京の基準」は他の自治体にも大きな影響を与えかねない。最大限に尊重されるべき表現の自由が絡む問題だけに、見過ごすことはできない。

 改正案は6月議会で否決された案を、一部修正した。元の案は「規制の記述が抽象的で、表現の自由を侵害する」との批判が強かった。

 18歳未満の登場人物を「非実在青少年」というあいまいな概念でくくり、規制しようとした元の案が否決されたのは当然だ。そこで都はその文言を削除し、規制対象を強姦(ごうかん)など刑罰法規に触れるか、近親者同士の性行為を「不当に賛美・誇張」して描いたものを規制対象にした。

 しかし、「不当に賛美・誇張」したというのも、あいまいな基準であり、それを判断するのは行政だ。恣意(しい)的な判断や拡大解釈によって規制の範囲が広がり、表現の自由が脅かされる懸念はぬぐえない。

 出版業界や著名漫画家たちは、修正で登場人物の年齢制限がなくなったために、「規制の範囲が広がった」として反対している。作家らでつくる日本ペンクラブも、「表現・言論の自由をゆがめる」と反対だ。

 そもそも漫画の中の法令違反をどう判断するのか。都側は「青少年の健全な性的判断能力の形成を妨げる程度に、描かれているかどうかだ」と説明する。「健全な判断能力」「程度」と、ここでもあいまいである。

 一方で、過激にみだらな行為を描いた作品を子どもの目に触れさせたくないという、親心も分かる。しかし何がよくて、何が悪いかを判断する能力を養うためにも、行政の基準を押しつけてはいけないのではないか。

 東京都を含めた自治体には、既に有害図書制度がある。安易に規制に走る前に、その活用を考えたい。表現の自由が絡む問題は、あくまで業界の自主的な規制や保護者らの努力に任せるべきだ。

 悪い作品は自然に忘れ去られ、漫画やアニメは世界に誇る日本の文化になった。規制が若い作家の創造力を萎縮させ、才能の芽をつんではなるまい。

http://203.139.202.230/?&nwSrl=268498&nwIW=1&nwVt=knd

スポンサーサイト

コメント

Secret

実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。