スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都の性描写規制 基準の押し付けはやめよ 新潟日報社

東京都は子どもを性行為の対象にした漫画やアニメを規制する都青少年健全育成条例の改正案を都議会に再提案した。
 6月議会で否決された当初案の文言を一部修正して出直した格好だ。
 作家でもある石原慎太郎都知事が表現の自由を危うくするような規制強化に固執するのは理解に苦しむ。
 条例が制定されれば、全国の自治体に大きな影響を与える恐れがある。慎重な審議を求めたい。
 当初案は、18歳未満の登場人物を「非実在青少年」と定義した上で、「強姦(ごうかん)など社会規範に著しく反した行為を肯定的に描写した」作品を不健全図書に指定し、青少年に販売、閲覧することを禁止していた。
 「非実在青少年」などというあいまいな概念を持ち出しての規制案が、反対多数で否決されたのは当然の成り行きといえる。
 改正案では、「非実在青少年」の文言を削除し、登場人物の年齢に関係なく、強姦などの違法行為を「不当に賛美・誇張」したものを規制の対象とした。だが、「不当に賛美・誇張」とは具体的にどういう描写を指すのかなど、不明確さを残したままである。
 登場人物の年齢に関係ないということは規制の拡大を意味するのではないか。見過ごせない。
 行政が条例で表現行為を規制していいのかという本質的な問題がある。適用範囲をなし崩し的に広げ、言論や表現の自由を封殺していった過去の歴史を忘れることはできない。
 漫画やアニメは日本が誇れる文化の一つだ。規制によって作家たちの創造力を萎縮させてはなるまい。
 漫画家のちばてつやさんが「意識のどこかに規制が働く環境では絵がどんどん死んでしまう」と強い懸念を表明している。
 当初案が否決された後、都は漫画家や出版業界も含めて幅広く意見を聞いたのか。業界は自主規制を図る考えを示していた。その議論を待つことなく、都が改正ありきで突き進む姿勢には違和感を覚える。
 子どもたちはいや応なく性に目覚め、関心と戸惑いを抱きながら成長していく。情報を得るのは、親や教師よりも友達や雑誌などを通してというケースが多いだろう。
 中には、子どもに見せたくない過激な行為を描写した作品もある。コンビニなどで簡単に買える環境を親が心配するのもよく分かる。
 大切なのは、何が許され、許されないのか、自ら判断し、律していけるよう育てていくことではないか。行政による基準の押し付けは、それを阻害するものと言わざるを得ない。

新潟日報2010年12月3日

http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/20101203.html

スポンサーサイト

コメント

Secret

実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。