スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(メモ)パターナリズム研究会「紹介 J・クライニッヒ著『パターナリズム』(一九八三年)」

(4)小活

「しかし、周知のごとく、残念ながら我々は、自分のアイデンティティの一部である企図やプランを危険にさらすような行為をすることがしばしばあり、そのような場合、パターナリズムは完全性の侵害とはならないであろう.」128

「・・・あるものにとっては些細な介入と思われることも、他の人にとっては大きな介入と思われることがあることに注意すべきである」

 →「パーソナル・インテグリティ」は個別的であるということ.

 7 パターナリズムに課せられる制約

  (1)自由を制限することのもっとも少ない選択肢が優先されるべきである.

「パターナリズムを論ずるに際しての一番の問題は、それが自由に対する強制を含んでいるという点にある.他者への押し付けは、自由を侵害する程度が低ければ低いほど良いのであって、例えば、Aの身体を侵害から守るためにXとYという二つの方法があり、Xという方法の方がAの自由を制限する度合が少ないといった場合には、他の条件が同じである限り、選択肢Xが優先されるべきである.」129

  (2)受手自身の善についての考え方と一致しているパターナリスティックな押し付けには有利な推定が存在する.

「モラリズム的ではないパターナリスティックな押し付けを受け入れることができるのは、それが被介入者のすでに有している目的や企図やライフ・プランをさらに増進させようとするものだからである.」129

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8300kj.htm

スポンサーサイト
実在児童の人権擁護基金
(郵便振替)
10020-57716711
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

(ゆうちょ銀行)
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 普通 5771671
ジツザイジドウノジンケンヨウゴキキン

http://jitsuzai-jinken.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Civilliberties

Author:Civilliberties
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。